inquiry

Q.ほんとうに東京都23区を自転車で配達するの?
A.いいえ、オーダー全体の80%は10km以内の距離であるデータをもとに、この範囲は自転車のほうが効率的であるため自転車便が活躍しています。残りの20%10km以上ある地域においては、スクーターメッセンジャーが活躍してお届けしています。
Q.オーダーする際に自転車かスクーターか選んだ方がいいの?
A.いいえ、お届け先の距離に応じて、自転車が有効なのかスクーターなのかは、弊社により判断させていただきますので、お客様はいっさい乗り物の選択を考える必要はございません。
Q.急ぎの場合はスクーターの方が速いですよね?
A.いいえ、たとえ近場の距離であってもスクーターの方が速いとは限りません。むしろ自転車の方が速いのは確実です。弊社では、デリバリーの速さは決して乗り物の速さではなく、いかにお客様がオーダーされた時間から一刻も早くピックアップできるメッセンジャーを割り出してお客様の荷物まで急行させる速さと考えています。
Q.東京都23区以外はお届けできないの?
A.いいえ、東京都23区外の市・埼玉・横浜・千葉など日常茶飯事にオーダーされる地域においても、高速専用スクーターによりお届けができます。さらに、遠い近県から全国まで、あらゆる手段を利用してお客様のニーズにお答えできます。 なお、23区外のお届けは1時間便のみとなります。
Q.ダンボールなどは運べないの?
A.いいえ、自転車メッセンジャーが持つメッセンジャー・バッグに入りきらない大きな荷物(ダンボール・複数の紙袋・掲載誌)などには、スクーターが活躍します。スクーターでは、紙袋なら3袋くらいまで、みかん箱くらいのダンボールでしたら1箱、コピー用紙くらいのダンボールでしたら3箱まで、その他A1のパネルや1mくらいの筒状物までお運びできます。それ以上の量になりますとワゴン車での対応になります。(要予約) なお、2時間便・3時間便には荷物制限があります。
Q.別の場所からの引き取りってできるの?
A.もちろんできます。受注の際に『お届けでございますか?』とお聞きいたしますので『先方からの引取りで』とおっしゃってください。一度オーダーいただいた引き取り先は、弊社コンピュータ上にご登録いたしますので引き取り先の会社名からおっしゃっていただければ二度目以降詳細をおっしゃっていただく必要はございません。また別の場所から引き取ってまた別の場所へお届けという荷物の移動も同様に行っております。 なお、これらのサービスは1時間便のみの取り扱いとなります。
Q.明日お届けしたい書類を、今日取りに来てくれるの?
A.もちろん取りにお伺いします。明日お届けする書類を、1時間便なら深夜24時まで、2時間便・3時間便なら22時まで集荷受付をして、お荷物を引き取りにお伺いします。(T-SERVオーバーナイトサービス)このサービスはティーサーブだけのものでして、他社様でしたら保管料金として1,000円くらいかかってまいります。
Q.先方からのピックアップは混載便でできないの?
A.申し訳ございません。先方からの荷物のお引取りは、さまざまな地域からのお引取りが想定されるため、効率化をはかることができません。よって2時間便・3時間便というのは、お客様の会社から荷物が出される場合だけに限らせていただいているのと、先方からの引き取りは1時間便の料金になってまいります。
Q.明日の混載便の予約ってできないの?
A.申し訳ございません。2時間便・3時間便は同方向の書類を仕分けして1人のメッセンジャーが混送することで低価格な料金でお客様にご提供しております。いわゆるルート配送になりますので引取りの時間指定や予約に関しましてはそのお時間に伺うためにスタンバイしている1時間便のメッセンジャーの役割となります。
Q.毎日同じ時間に来てくれる定期便ってできないの?
A.定期便として決まった時間に集荷・お届けする仕事をお受けするためには条件がございます。定期便としての条件は、集荷・お届けが毎日あることが条件です。一週間に5回未満の定時集荷のオーダーに関しては、スポットのオーダーとして対応させて頂きます。詳しくはカスタマーサービスまでお問い合わせください。
Q.お届けが終わったかどうかの確認はどうすればいいの?
A.終了報告サービスを無料で行っております。オーダーの際また、引取りの際にお気軽におっしゃってください。配送が終わった時点でお電話又はメールてご報告いたします。
Q.買い物して代金を立て替えてくれるってできるの?
A.もちろんできます。デリバリーの料金は1時間便の料金となりまして、もし先方で待機時間がありますと500円~(税抜き)のチャージが発生いたします。立替金額は1万円が基準でございまして、仮に高額な立替が必要な場合は、一度お客様の所に代金を頂戴しにまして、先方にお伺いしてから戻るという往復料金をいただくことになります。
Q.今、キャッシュ清算なんだけど、売掛の請求書扱いってできないの?
A.はい、もちろんできます。ただし、請求書扱いにしていただく為にはご利用金額の条件がございます。月間のご利用額が1万円以上であることが条件となっております。詳しくはカスタマーサービスまでお問い合わせください。
Q.「信書」は運んで貰えるの?
A.ティーサーブは総務省から「特定信書便事業者」として下記二号・三号役務での認可を受けています。1時間便・2時間便・3時間便で「信書」をお運び致します。
二号役務:三時間以内配送
信書便物が差し出された時から、3時間以内に当該信書便物を送達するもの
三号役務:高付加価値サービス
800円を下回らない範囲内において総務省令で定める額を超える信書便物を送達するもの
詳しくは「信書のガイドライン」(総務省Webサイト)をご覧ください。
top