自転車及びスクーターによる書類等配送サービスを展開。1時間便と2時間便でどこよりも速く、安くお届け!
ホーム お知らせ お問合せ サイトマップ
サービス メリット メッセンジャー リクルート 企業情報
お問合せ
過去のお知らせ
サイトマップ
このサイトについて
個人情報保護

過去のお知らせ一覧



2017/05/02
レースレポート やわたはま国際MTBレース

見出しピックアップ

4/23(日)、愛媛県八幡浜市で、やわたはま国際MTBレースが開催されました。
CJシリーズも兼ねたこのレース、今年もMTBシーズン開幕です!

今シーズン、チームGIANT/T-servからは、#82神谷のみの参戦になります。
国内最高峰のカテゴリーで20年走り続けるレジェント!
今期も平日はメッセンジャーとして走りつつ、参戦します。

皆さん、応援よろしくお願いします!!
---------------------------------------------------------------------------------------------

18076816_1005965186206842_8439762048871849778_o.jpg
天気 晴れ 
コース 4.3q×6Laps 
バイク GIANT XTC ADVANCED SL 27.5 
タイヤ 前 IRC MIBRO for Marathon 27.5×2.25 
        後 SCHWALBE RACING RALPH 27.5×2.25 
ウエアBIORACER 
アイウェア SALICE 012 クリアレンズ 


今年もMTBレースのシーズンがやってきた 
去年の最終戦が11月だったためオフシーズンが1カ月ほど短い 
その為かなんだか疲れが抜けないままきてしまった気がする 
2月にはインフルエンザで1週間ほど休んでしまったのも準備の遅れに拍車をかけている 
ただ、2週間ほど前から暖かい日が増えてきたためか?
身体の動きが良くなってきているのを感じている 
そんな不安要素の方が多い開幕戦である 

今年はUCIクラス1の国際レースになって、
海外、とくにアジア圏の選手も多数参加している 
コースは大幅に変更された去年と同じコース 
自分的には前の簡易舗装の長い登りがあった方が有利なのだが… 
ここ数日晴れの日が続いたおかげか全体的にドライで去年より走り易く感じる 
ただ、路面は年々土が削られ岩や木の根の露出がひどくなってきて
29erやリアサス向きになってきている 

コース前半は舗装路を登りハイスピードなレイアウトのシングルに入る 
ターンとダッシュを繰り返し自分はあまり得意ではない 
竹藪のつづら折りの登りからグラウンドに出てくる急登は自分の得意分野だ 

グラウンドに出てからは後半部分 
桜坂登り新設の登り簡易舗装にちょっと出て少し下りまたジワジワ登る登り 
前の人が止まったら自分も乗車して行けなであろう太い根っこだらけのゴジラの背 
その後も根っこの多いシングル、新設の下り登り返し 
また下ってドロップオフ、少し登ってバンクの下りを下ってグラウンドに戻ってくる 
自分はどちらかといえば後半の方が得意だが 
全体的にシングルトラックが多くよほどスピード差がないと抜くのが難しいコースだ 

スタートはUCIランキングと去年のランキング順で、ゼッケン46の自分はまん中ぐらいか 
スタートダッシュが苦手なので少しでも前からスタートしたいものだが 
こればかりはポイントをとってランキングを上げて行くしかない 

17880017_1005954809541213_1262858366994900176_o.jpg
いざスタート! 
落車に気を付けながらも前に行く 
前の列の方でスタートすると何時もドッと抜かれるのだが 
このぐらいの位置だとあまり順位を変えずに行ける 
結局スタート順はあまり関係ないのではないかと思ってしまう 
シングルトラックの入り口はやはり渋滞気味 
無理矢理割り込んでくる人もなく順番通りにシングルに進入 
スタート直後でまだみんな元気だしコース幅も狭い、無理して抜くほどでもない 
ミスしないように列に着いて行くしかない 

グラウンドに出てくるところで46番ぐらいだと知らされる 
桜坂の登りもまだみんな元気で一様に速い 
それに自分の登坂力を発揮するには全体的に登りが短すぎる 
ゴジラの背も無事通過 
結局あまり順位は変わらず1周目をおえた 

2周目 
抜きつ抜かれつだった順位も少しずつ落ち着いてきて前後の選手が大体決まってくる 
シングルトラックの多いこのコースでは大幅なジャンプアップは難しい 
スタートダッシュのお釣りもあって苦しい時間帯だ 
しかもしかも順位はゼッケンとほぼ同じくらいのところを行ったり来たり 
オレの実力はやはりこの程度なのか? 
弱気になるが此処はペダルを踏む力を緩める訳にはいかない 
次戦からのスタート順がかかっている 
結局苦しいだけで順位を上げられず2周目を終える 

3周目 
そろそろ順位を上げて行きたいところである 
しかし、コースの前半で抜かれ後半で抜き返す展開 
桜坂から新設の登りで順位を上げる簡易舗装の部分でサスをロックして下り 
逃げ切りを図ってゴジラの背に入る 
あれ? 
なんだか根っこに弾かれて上手くラインがとれないな 
と、カーブの部分で根っこに突っかかって落車 

バイクも身体もダメージはなかったがまた振り出しに… 
グラウンドに戻って舗装の登りに向けサスをロック! 
あれ?さっきの簡易舗装からサスをロックしたままだった 
ゴジラの背でコケたのもそのせいだったのか? 

4周目 
さっきコケたことで火がついたのか 
なんか調子良くなってくる 
前から脚を使い切った選手が降ってくる 
面白いように順位が上がる 
やはり人を抜いて順位を上げると気持ちも上がる 
さっきまでの弱気は何処へやら… 
急激に降ってくる人のほかにも先程まで遠く前に見えていた選手も
だんだん近づいてきた 

5周目 
もう気分はノリノリで舗装の登りは全部ダンシングで行く 
ただ前半のシングルは少し慎重に行く 
路面の土が削られて岩が出ている部分が多く 
過去はアテネオリンピックの選考レースの時から何度となくパンクしているのである 
実は今回も試走の時にパンクしてましたハイ 

ノリノリな時こそ慎重にいかないとメカトラや大怪我をしがちだ、好事魔多し 
それでもグラウンドへの登りの前で1人パス 
更に桜坂でもう1人 
ここでトップとのタイム差を聞いた 
最終周回に入れるか微妙だ 
とにかく1人1人パスして行くのみ 

前の選手にだんだん近づいてきたもう1人前の選手も見えている 
下りに入ってゴジラの背は慎重に… 
グラウンドに出てきて 
さあ、舗装の登りで1人抜くぞ! 

と意気込んだところで80%ルールでラップアウト 
嗚〜呼最終周回に入れなかった 
入れたらもう少し順位を上げる自信はあった 
残念だ 

18076725_1005957459540948_7290530778348451815_o.jpg
結果31位 −1Lap 

もともと後半型だったが 
ここ最近エンジンがかかるのが遅くなっている 
対策としてダッシュする練習ばかりしているのだがなかなか成果が出ない 
オッさんだからだろうか? 
レース自体の傾向も前半型になりレース時間も短くなってきている 
スピード上げることはなかなか難しい 

応援していただいた方々には不甲斐ない結果で申し訳ありません 
次戦に向けて頑張ります 
ありがとうございます 



ページトップ
Copyright (c)2013 T-SERV co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトについて 情報セキュリティ基本方針