自転車及びスクーターによる書類等配送サービスを展開。1時間便と2時間便でどこよりも速く、安くお届け!
ホーム お知らせ お問合せ サイトマップ
サービス メリット メッセンジャー リクルート 企業情報
お問合せ
過去のお知らせ
サイトマップ
このサイトについて
個人情報保護

過去のお知らせ一覧



2016/10/03
レースレポート CJシリーズXCO #5 妙高杉ノ原ステージ

見出しピックアップ

9/25(日)、新潟県妙高市の妙高杉杉の原スキー場にて、
CJシリーズ第5戦が開催されました。

シリーズもいよいよ後半戦。
#82かみや#1342のりお
今回は二人揃って参戦です!

まず、かみやのレポートをお届けします。
のりおのレポートも準備が出来次第、アップします。
お楽しみに!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

#82かみやレポート

                                            
天気 くもり
コース ⒊4km×7Laps

バイク          GIANT XTC ADVANCED SL 27.5
タイヤ          前後共 IRC STINGO XC 27.5×2.10
ウェア          BIORACER 
アイウェア   SALICE 012 クリアレンズ

前回の白馬大会から天気は曇りや雨が多くあまりパッとしない
自分の体調もこれといって悪いところは無いものの絶好調とは言えない

今回はレースが土曜日の開催という事で
金曜日に休みをいただいて現地に入りコースを
試走する

会場に着くとやはり天気予報通り雨
シトシトと降っている

自分は初めてのコースなので
まずは歩いてコースを見てみることにする
はゲレンデをテープで区切った広めのコースを
4箇所のシングルトラックでつないでいる

第3シングルはロックセクションとエスケープルートがあり
エスケープを通ってもタイムロスはほとんどなさそう
むしろロックセクションを通ってミスをした時のリスクが高いので
エスケープを通ることにす

第4シングルは前半の登りはどうにか登れそうだが
一旦下ってからの登り返しはたとえ晴れていて
コースコンディションが良くても登れそうにない
その後の下りも今のコンディションでは乗って行けそうだが
レースの時はどうなるか分からな

結局、雨はシトシトと降り続き
自転車のトラブルやコケて怪我したり
雨で身体が冷えて体調を崩したりするのを考えて
歩きだけでコースの下見を終える


レース当日
雨は止んだものの晴れることはなく
まるで自分の気持ちのようだ

前のクラスの応援などをしながらコースコンディションを見てみる
やはり雨が止んだ分泥がまとわりつくようになっているようだ
気が付くと予定していたアップ開始の時間を過ぎてしまった

やはりアップしても身体がしっくりこない
前回の白馬ほどではないが
なんだか身体が重い気がする

アップ中にレースの周回数が8周から7周に変更になり
スタート時間が遅れる情報が入る
どうやらコースコンディションがどんどん悪くなっているようだ


スタートは4列目くらい
白馬の順位のおかげで少しは前からスタートできるようになった
しかし、今回もそのスタート順を活かせず後方にのみ込まれる
先頭は遥か彼方だ

得意なはずの登りでもまったく登れない
周りの選手を抜くどころか逆に離されて行く
また今回も、我慢のレースだ

順位もよく分からないくらい後方
シングルトラックは思っていたよりコンディションは悪くなく乗って行ける
第4シングルの登り返しの後の下りも乗車してチャレンジしたが
見事にコケた

前のクラスの人達が走って土が耕され木の根が露出したりして
前日とは大分コンディションが違っていたのだ


2周目
オフィシャルのフィードゾーンで水をもらって
フロントのチェーンリングやリアディレーラーにかけて泥を落と
最近の機材は進化しているから
泥によるトラブルは少なくなってきてはいるが
少しでもトラブルのリスクを避ける

相変わらず苦しい走りで
順位はあまり変わらず
トップとのタイム差を聞くと最早
完走は絶望的な差だ

第1シングルまでの登りは
本来なら自分の得意な部分なのだか
なかなか順位を上げられない

少し前の集団にチームメイトのノリちゃんを発見
自分から見える範囲にいるという事は
彼もあまり調子が良いとは言えないようだ
シングルトラックはコケないように慎重に行く
第4シングルの先ほどの下りは安全策でバイクを降りて下ることにする


3周目
前の周より泥が固まってよりまとわりつくようになったと感じる
コンディションは周回ごとに悪くなってきている

コースの標高が一番低い地点で
ギャップを超える時に腰を引いて重心移動してまたサドルに跨がる
と、ウェアの裾がサドルに引っ掛かったまま元に戻らない
おかげでサドルの適正な位置に座れず腰を引いたままのペダリング
何回か腰を上げて戻そうとするが
ウェアはサドルに引っ掛かったままだ

仕方なく一旦バイクを降りて
また跨りなおす
これはレース後に判ったことだが
ウェアが破れてサドルに引っ掛かっていたみたいだ

そんなすったもんだをしている間に1人に抜かれてしまう
まあ、そのトラブルが無くても抜かれていたと思うが…
2周目以降は誰にも抜かれていなかったので
ちょっとショックだった

すぐに追うが差は縮まらない
シングル区間を抜けて次の周回に入る
スタートゴールで36位と判る


4周目
先ほど抜かれた選手は更に前の選手に追いついてバトルしているのが見える
オフィシャルのフィードを過ぎた登りの時に
急に自分の身体のギアが噛み合ったように脚に力が入る。
登れる!

一番低い地点からの登り始めで前の2人に少し近づいたのがわかる
フィードゾーンでは補給を出してもらっているが
おそらく此の周回でラップアウトになりそうだし
ここが勝負どころだと思い補給は摂らない

第1シングルまでの登りで前の2人との差はみるみる詰まってくる
やっと本来の走りになった
更に先ほどは見えなかったノリちゃんも見えるようになる
あそこまで行くぞ!

2人を一気にパスする
そのままシングル区間へ
シングルはコケないように慎重に

と、結局そのまま80%テントでラップアウト
調子が出てきてすぐカットされてしまい
なんだか不完全燃焼
順位は34位


前回の白馬は本当に身体に不調があったが
今回は気持ちの問題のような気がする
自分に勝手にリミッターをかけてしまい
ようやく4周目にそのリミッターが外れて本来の走りになったと…

シーズンももう残り3戦
残りのレース前半から潰れる覚悟で挑もう

思えば自分のベストレースとも言える
2013年の全日本選手権もオーバーペース気味で突っ込んで
最終周回はヘロヘロだったが本当に出し切った感があった

最近は無意識のうち上手く走って
順位をまとめることを考えて走っているのではないか
もう一度チャレンジしてみよう

応援して下さった方々不甲斐ない走りで申し訳ありません

次回から気合いを入れなおして頑張ります
よろしくお願いします


ページトップ
Copyright (c)2013 T-SERV co.,Ltd. All Rights Reserved.
このサイトについて 情報セキュリティ基本方針